岡村芳樹  個展

remnant

2019年7月22日(月)~28日(日)

11時~19時(最終日は17時まで)

 

心臓を犯す病魔によって身体が冒された去年の春から、私は生きていながら歩く死人のような寂寞と無為を感じていた。五体すら信用のならぬ無力感が精神をおおう中で私の身体は失った心臓の機能をキャプチャーしようとする。私が臨死した中での経験、いわゆるnear death experienceを、そしてそのあと鈍磨した感覚機能を、死に近づき死を見つめる中で直截的に、あくまで甘美に、蜜のように、絵画表面に抽象的に整理、表現しようとせん試みが本展示である。

岡村芳樹 | Yoshiki Okamura

日々を摘む中で、生活における視界から抽出された事象を等身大の大きさの中に込めることを私は自分の画業の中心に据えている。それは手の内に収まるテラリウムのようで、触覚的な性質を多く持つ視覚の芸術に温度や湿度、味覚を想起させるような仕掛けを組み込み絵画の機能の拡張を志す。

プロフィール

抽象画家

2019 武蔵野美術大学油画科卒業