岡村芳樹|Yoshiki Okamura

朝曇

August 17 – August 26, 2021

11:00am~7:00pm(Last day ~5:00pm)

 

MEDEL GALLERY SHUでは8月17日より岡村芳樹個展「朝曇」を開催します。

夏の風物詩のようにこの時期に開催される岡村の3回目の個展には、老若男女幅広くファンが集まりますが、特に若い女性からの支持が圧倒的に多いのが特徴です。まるでメイクやフアッションのように時代と呼応するセンスと美意識に人気が集中しています。自分自身の根幹をなす美意識に、高く立てたアンテナから受け取る様々な情報が融合され最適解を見出す力が、今を生き抜く女性たちの共感を呼ぶのかもしれません。

作品の表現は、分かりやすく、手の内に収まるテラリウムのように、触覚的な性質を多く持つ視覚の芸術に温度や湿度、味覚を想起させるような仕掛けを組み込むことにより、絵画の機能を拡張することを目指しています。
うだるような夏に、停滞する社会。

靄のかかるような展望の中、てすさびの中から自らの美意識を選択する行為を展示したいと思います。

岡村芳樹

岡村芳樹|Yoshiki Okamura

 

1996年生まれ。2017年京都造形芸術大学中退。2019年武蔵野美術大学卒業。東京、京都、兵庫、プラハ、北海道を転々としながら生活。生活における視界から抽出された事象を等身大の大きさの中に込めることを画業の中心に据えて創作活動を展開。手の内に収まるテラリウムのように、触覚的な性質を多く持つ視覚の芸術に温度や湿度、味覚を想起させるような仕掛けを組み込むことにより、絵画の機能を拡張することを目指している。

プロフィール

抽象画家

2019 武蔵野美術大学油画科卒業