MEDEL GALLERY SHU CONTEMPORARY ART REVIEWS VOL. 6

Visionary Vision

菊池 遼 KIKUCHI Ryo|チョン・ユギョン Jong YuGyong 二人展

2020年2月6日(木)〜2月16日(日)

11:00〜19:00(最終日は17:00まで)

 

菊池 遼は、現象学的なアプローチから、見る角度によって色が変化したり、作品との距離によってイメージが解消するといった視覚効果を絵画に応用している。チョン・ユギョンは、北朝鮮のプロパガンダポスターを拡大し、イメージを解体することによって、主観性を問うような絵画を制作している。

二人の作品は、いずれも「ハーフトーン」の技法に基づいているが、物理的な立ち位置のみならず、鑑賞者の立場によっても見かたが変わるだろう。言語、知識、あるいは世界観など――「網点」と「網点」のあいだの空間は、見る者の生い立ちの違いを反映する。そこは私たちの想像力が喚起される場所なのである。

 

菊池 遼 | KIKUCHI RYO

 

1991年青森県生まれ。東京造形大学大学院造形研究科美術専攻領域修了。現在、同大学助手。鑑賞位置で作品の見え方が変わる視覚効果を用いて「もの」の儚さや辿り着けなさ、現象性の表現を試みる『void』シリーズなどを制作。主な展示に、個展「OUTLINES(2019年、EUKARYOTE)、香月恵介との二人展「イメージとの距離」 (2019年、関内文庫)、グループ展「もの・かたり 手繰りよせることばを超えて」(2019年、ヒルサイドフォーラム)などがある。

プロフィール

1991      青森県生まれ

2015      東京造形大学 造形学部美術学科絵画専攻 卒業

2017      東京造形大学大学院 造形研究科美術専攻領域 修了

2017   東京造形大学 絵画専攻領域助手

 

個展/Solo Exhibitions

2019      OUTLINES (EUKARYOTE/東京)

2017      無/(分節)(Frantic Gallery/東京)

 

グループ展/Group Exhibitions

2019     

雲に杭を打つ (東京造形大学/東京)

“Hope’s harbinger”特別展示 香月恵介×菊池遼 二人展 (EUKARYOTE/東京)

“OUTLINES”特別展示 菊池遼×香月恵介 二人展 (EUKARYOTE/東京)

菊池遼|香月恵介 イメージとの距離 (関内文庫/神奈川)

東京造形大学第五回助手展 (東京造形大学/東京)

もの・かたり手繰りよせることばを超えて(ヒルサイドフォーラム/東京)

HELLO My name is ________ (EUKARYOTE/東京)

2018

rgb++ 2018 exhibition vol.10 (東京造形大学/東京)

東京造形大学第4回助手展(東京造形大学/東京)

2017

rgb+ 2017 exhibition vol.9 (東京造形大学/東京)

派生する幹 -DERIVATION from the TRUNK-  (SEZON ART GALLERY/東京)

ZOKEI  (東京造形大学/東京)

2016     

UNKNOWNS 2016  (藍画廊/東京)

Mポリフォニー 2016 ‐ (/)‐  (東京造形大学/東京)

2015     

2015 FRANTIC UNDERLINES  (Frantic Gallery/東京)

アートプログラム青梅  (cafe ころん/東京)

Mポリフォニー 2015 アングル  (東京造形大学/東京)

第二回CAF賞作品展 (アーツ千代田 3331/東京)

母袋ゼミ abflug展 (アーツ千代田3331/東京)

TURNER AWARD 2014 入選・入賞者展 (turner gallery/東京、地方巡回)

ZOKEI  (東京造形大学/東京)

2014     

アートプログラム青梅  (青梅総合高等高校/東京)

 

受賞/Awards

2019      33回ホルベイン・スカラシップ奨学生

2017      ZOKEI展」  ZOKEI賞(修了制作優秀賞)

2015      「第二回CAF賞」  入選 

               「ZOKEI展」  ZOKEI賞(卒業制作優秀賞)

2014      TURNER AWARD 2014」未来賞

チョン・ユギョン |  Jong YuGyong

 

1991年兵庫県生まれ。朝鮮大学校美術科卒業。現在、韓国を拠点に活動中。北朝鮮のプロパガンダポスターをモチーフに、主観的輪郭を応用した絵画を制作する。主な展示に、個展「JUCHE POP」(2014年、朝鮮大学校)や、グループ展「在日・現在・美術」(2014年、eitoeiko)、アキラ・ザ・ハスラーとの二人展「パレードへようこそ」(2019年、オオタファインアーツ)などがある。2019年、VOCA奨励賞を受賞。

プロフィール

Solo Exhibitions

2014 JUCHE POP, CHODEMI, Tokyo (JP)

2013 Subjective contour, CHODEMI, Tokyo (JP)

 

Group Exhibitions

2019 Desert Garden, OTA fine arts, Shanghai(CN)

2019 Welcome to the Parade, OTA fine arts, Tokyo(JP)

2019 VOCA(The Vision Of Contemporary Art), Ueno Royal Museum, Tokyo(JP)

2018 Geopolitical Grounds, OTA fine arts, singapore(SG)

2017 Project Hope?, Post Territory Ujeongguk, Seoul(KR)

2017 Assistants, OTA fine arts, Tokyo(JP)

2016 Zainichi the present and the art Ⅱ, eitoeiko, Tokyo(JP)

2014 #OVERLAP, Shin sapporo gallery, Sapporo(JP

2014 Zainichi the present and the art, eitoeiko, Tokyo(JP)

2013 「在日」は必要だった。, CHODEMI, Tokyo(JP)

2013 この場所にいるということ, FAL, Musashino Art University, Tokyo (JP)

2011 Where are you from?, Gallery TAPIO, Sapporo(JP)

2010 NEW VILLAGE -neonate- , 0000 Gallery, Kyoto(JP)

2010 NEW VILLAGE, 0000 Gallery, Kyoto(JP)