美波

SHISHIDOMIA

個展「JAPANOLOGY」

January 27 – February 4

11:00am~7:00pm(Last day ~5:00pm)

 

MEDEL GALLERY SHUでは、2024年1月27日より2月4日まで、SHISHIDOMIAの個展「JAOANOLOGY」を開催いたします。
SHISHIDOMIAは、アメリカニュージャージー在住のアーティストで、香港の著名な画廊に所属しています。香港はもとよりアジア各国や米国での展示・アートフェア参加により、グルーバルに人気を博し活躍しています。昨年は銀座の商業施設での展示で作品完売し、今後日本での展示も積極的に展開していく予定です。

私の芸術的な哲学の核心には、異なる文化や時代を融合することで生まれる新たなスタイル への深いリスペクトが込められています。この展示は、単に江戸時代と現代の独特な繋がりを 表現するだけでなく、私の個人的な楽しい経験や新鮮な感覚、懐かしい思い出や異なる文化 に触れた体験を反映しました。私はこの表現を「ジャパノロジー」と呼んでいます。私が見ている世界を、皆さまにもっと深く感じていただければ幸いです。展示を通じて、新しい視点や感覚をご体験いただき、異なる文化が共存する美しい可能性に触れていただけることを願っています。どうぞお楽しみください。

SHISHIDOMIA

あえて会期を短期間にして、「今、ここでしか見ることがができない状況」を作り上げています。
なお、1/27は先着30名の方にオリジナルステッカーをプレゼントいたします。その中には1枚だけドローイングが描かれたスペシャルバージョンも!

是非ご来廊ください。
お待ち申し上げております。

和田宙土|Hiroto Wada Profile
プロフィール

Sayuri Shishido, the founder of SHISHIDOMIA is a Japanese artist with strong Latin American roots. Her childhood swayed within the beauty and richness of the Japanese and Colombian cultures; a mixture of flavors and colors that awoke a true passion for art and its power to convey deep social and personal feelings. This effervescent drive led to her enrollment at the prestigious Tokyo Metropolitan Senior High School of Fine Arts, culminating in her undergraduate studies at the Faculty of Textile Art & Design at Tama Art University in Tokyo, Japan. While still in college, Sayuri was awarded The Barbara Shapiro Award for excellence by the New Beat International textile art competition in Oaxaca, Mexico. Shortly after graduation, Sayuri moved to the US to pursue a career as a
pop art artist.

Education
2013 – 2017
Bachelor in Art With Major in Textile Design
Tama Art University
2010 – 2013
Tokyo Metropolitan Senior High School of Fine Arts, Performing Arts & Classic Music”

Awards
New York International Fine Art Competition Grand Prize Nominate, Oct 2022
The Barbara Shapiro Award for excellence, Wearable Art, Oaxaca, Mexico, Nov 2016
Grand Prize NFSA Painting Contest, Tokyo, Japan, Oct 2009

Art Fairs & Group Shows
2024
January – “Japanology” Solo Exhibition, Medel Gallery Shu, Tokyo
2023
“New In Town“ Group Show, Vertical Gallery, Chicago
”The Great Together” Streams Art Gallery Group Show, Beijing
“Up and Coming Artist” Group Show, Tsutaya Book Store, Tokyo
“Edo to Reiwa” Solo Exhibition, Streams Art Gallery, Hong Kong
“Art Central” Streams Art Gallery, Hong Kong
2022
“Strong # Kawaii” Group Show, Medel Gallery Shu, Tokyo
“Kiaf SEOUL” Streams Art Gallery, Seoul
“Art Central” Streams Art Gallery, Hong Kong
2021
“Mirror Mirror“ Streams Art Gallery, Hong Kong
“Kiaf SEOUL” Streams Art Gallery, Seoul
“Tokyo International Art Fair” Streams Art Gallery, Tokyo
“Affordable Art Fair” Streams Art Gallery, Tokyo

SHISHIDOMIA|シシドミア

 

Shishidomiaは日本とコロンビアの異文化のハーフとして生まれ、周りの人々と異なる存在であったことから、幼い頃から孤独を感じることが多く、日々、自身の居場所を模索していました。そのなかで、誰もがありのままの姿や存在で受け入れられることのできる美しいパラレルワールドを生み出しました。
彼女の作品は、江戸時代の美しさと現代のファッションや文化を融合させたキャラクターたちの個々の美しさや尊さを表現し、彼らの新しい世界での冒険を表現しています。
画材には主にアクリル絵の具、金箔、水彩、墨、色鉛筆、スプレー絵具を使用しています。これらの画材は、シンプルかつ複雑なストロークやテクスチャとの絶妙なバランスを組み合わせることで、江戸時代(モノトーン)と現代(カラフル)の調和を表現しています。彼女の願いは、作品を通して日々孤独を感じている人々に、普段見慣れた世界とは異なる視点で世界を見る手助けをする事です。

(本名:完戸小百合)

I love the idea of creation and the beauty of pure imagination. I see my
work as a window to a parallel world, a world where we can all belong, a
world where the beauty of the Japanese Edo period clashes with the
power of present symbols of Western culture and modernity. As a half-
Japanese woman, my upbringing in Japan proved to be a challenging
experience, I spent most of my life searching for a sense of belonging. It
forced me to create my own reality, where we are accepted for who we are
a reality where we can all belong.