美波

美波|Minami

eN

July 21 – August 1, 2021

11:00am~7:00pm(Last day ~5:00pm)

 

私の表現の物語は、16年前に作った短編映画 “eN”からはじまりました。
当時、私はシュールリアリズムが大好きな、エネルギーに満ち溢れている女の子でした。
もうひとりの自分をiMANiMと名付け、
現実と非現実を行き来して心を遊ばせ、
想像の中にいる時だけ、自由になれるような気がしていました。
そんな自分の世界を形にしてみたくて、18歳の夏、映画を撮ったのです。
それから私は表現者として、演じる以外にもさまざまな手法で、物語の結末を自分なりに探ってきました。
今回の個展”eN”は、描き溜めてきた油絵、16年後に撮影した映画の続編、コラージュ作品等…さまざまな自分の軌跡が、縁で結ばれたような展示です。
これを発表して初めて先に進める、そんな気がしてます。
まだ見ぬ世界への一歩を、皆さんと共有できたら幸いです。

Minami Solo exhibition “eN”

MEDEL GALLERY SHU

Wed. July 21st to Sun. August 1st from 11am to 7pm ***until 5pm on the last day

Minami is an international actress who has appeared in movies around the world, including Japanese, French, and Hollywood films. She is also a passionate artist, who is always looking for answers about life, by connecting her deepest emotions with her imagination in her work. “eN” is her solo exhibition, where you can appreciate her artwork (oil paintings, collages, and video art).

Exhibition Statement

The story of my expression began with the short film “eN”, that I made when I was 18. I was a young woman who loved surrealism and wanted to release my bottled-up energy through the arts, but I didn’t know where to begin. I started by creating another version of myself, called “iMANiM” and ventured back and forth from the world of imagination to reality. I began to feel true freedom while in the world of imagination. This allowed me to express my inner world and try to find some questionless answers, through acting and the arts. The sound of “eN” encompasses many meanings in Japanese. This exhibition is my path, coming to “eN” (full circle). I am now ready to move forward and embrace my new paths in life. I am thrilled to be sharing this moment with you.

Artist Statement

Japanese mother, French father, I bounced between two cultures. It seems that it took me longer than my peers to voice my feelings. This may be why I had to express unspeakable emotions my own way. Progressively, through acting, I discovered how to play with energy and deep emotions, and became captivated in the unnamed “things between extremes”: imagination and reality, matter and spirit, ambiguous memories and the past… I began to express my stories to find a way to go back and forth between two worlds. Now, there is magma boiling in the depths of my heart screaming, “I have a world I need to share”.

Profile

Minami was born in Tokyo, on September 22, 1986. She is a French-Japanese actress/artist. She started her acting career at the age of 13 in Battle Royale (2000, directed by Kinji Fukasaku). Minami has since worked with a wide array of important directors in Japan. After acting in more than 20 plays and 40 movies/series in Japan, She moved to Paris in 2014 with the support of the Japanese Ministry of Culture, to pursue further acting studies and expand her career internationally. Minami is known mainly for her performances in Vision (2018) alongside Juliette Binoche and MINAMATA (2020) playing the female lead opposite Johnny Depp. She now splits her time between Los Angeles, Tokyo, and Paris. She continues to pursue her career as a painter and actress.

美波|Minami

 

ぷかぷかと、裸で海に浮かんでいる心地よさ。

同時に、山脈のてっぺんで綱渡りしているような緊張感。

集中している時、感覚が振り子のように行ったり来たりする。

全神経が研ぎ澄まされ、体のアンテナが総立ちする。

でも心は平和だ。

日本人の母、フランス人の父。二つの文化の狭間で揺れ動いた。

感情を言葉に乗せることが人よりも遅かったようだ。

そのためか、名前のないモノや言葉にならない感情を、自分なりの方法で表現する必要があった。

やがて芝居に出会い、虜になった。

演じることで感情とエネルギーの奥深さを知り、そこから、想像と現実、物質と精神、あいまいな記憶…

名前のない”狭間のモノたち”にいっそう興味を持つようになった。

そして、その物語を表現することを始めた。

表現は私にとって、二つの世界を行き来するためのツールだ。

自分の描きたい世界がある。

心の奥で沸沸とするマグマは今でも火傷するくらい熱く居座っている。

それがある限り、私は私の中の物語を描く。

そして集中し続けることで、人生のまだ見ぬ正解を探している。

プロフィール

1986年922日、東京都生まれ。

深作欣二監督作品『バトル・ロワイアル』(2000)で映画デビュー。

以降、蜷川幸雄演出舞台『エレンディラ』、野田秀樹演出『ザ・キャラクター』、河瀬直美監督『Vision』、手塚眞監督「ばるぼら」などなど数々の映画や舞台、ドラマ、CMで活躍。

18歳からは映画撮影、油絵などの創作活動を開始する。

2014年、文化庁新進芸術家の海外研修メンバーとして、フランス・パリのジャック・ルコック国際演劇学校に1年間在籍。

2021年9月公開映画『MINAMATA(原題)』(アンドリュー・レヴィタス監督)にてジョニー・デップの相手役としてハリウッドデビューを果たす。現在は日本フランスアメリカに拠点を置いて活動。

今回は3回目の個展となる。

https://imanim.art