高橋稜|Ryo Takahashi

本多翠|Midori Honda

Duo Exhibition “comodo“

January 19 – 31, 2021

11:00am – 7:00pm(Last day ~5:00pm)

 

 

起きたら白い壁に落書きをするように

飽きたら軽快に水溜りを飛び越えよう

眠くなったら悠々自適に羊を数えよう

余白や余韻がノイズで埋め尽くされ、

マジョリティなことを要求される日常の中で、

子供のように気楽に抗うことを提示する展示会

高木優希 プロフィール画像

高橋稜|Ryo Takahashi

 

異なる画像を組み合わせた非現実的な画像を描く。複数の画像の情報を画面に描くことで、画像では視覚することができない空間を画面に定着し、偶発的な物語性を発生させる。画像に加えた線や抽象的な情報を写真として出力することで、1枚の虚構の画面にしている。

プロフィール

1994   北海道生まれ

2019   東京造形大学 美術学科絵画専攻領域〔卒業〕

 

グループ展

2016年 

CUBE  TURNER GALLERY(東京)

2018年 

Change 東京造形大学 CS gallery (東京)

 gimmick overlap TURNER GALLERY (東京)

2019年   

ZOKEI展” 東京造形大学 (東京)

Change Alt Medium  (東京)

“東京五美術大学連合 卒業・修了制作展” 国立新美術館 (東京)

“上描きされた風景”   帝国ホテルプラザ MEDEL GALLERY SHU (東京)

“アートアワードトーキョー 丸の内 2019” 行幸地下ギャラリー (東京)

 ”シブヤスタイル vol.13” 西武渋谷B8階 美術画廊 (東京)

2020年 

“スピードLag gallery TOWED (東京)  

 

受賞

2019年 アートアワードトーキョー丸の内2019 建畠晢 審査員賞

高木優希 プロフィール画像

本多 翠|Midori Honda

 

偶然生まれたかたちや色と色の出会い方。その時出会った人やもの、出来事、感情。あらゆるものに反応し、画面に起こす。その時その瞬間の自分に影響を受けていくように。
見知らぬ地を旅する時の、不安と高揚感が入り交じるようなあの感覚に似ている。ここからどこへ行くのか分からない。目的地は決まっていない。けれど、どこへだって行けてしまう気がする。
私の世界の中で蠢く無数のかたち達と共に、キャンバスの中であいまいな旅をする。私の絵はその旅の記録のようなものである。

プロフィール

1994  東京生まれ

2013  都立総合芸術高校 美術科油画専攻 〔卒業〕

2015  東京造形大学 美術学科絵画専攻領域〔入学〕

2019  東京造形大学 美術学科絵画専攻領域〔卒業〕

2019 –  絵画教室講師

 

《個展》

2016 「かたちの踊り子」| JINEN GALLERY (東京)

2017 「ありふれたありふれないこと」  JINEN GALLERY (東京)

2019 「あいまいな旅をしよう」| 東京造形大学 ZOKEI (東京)

     「夢の続きのようなもの」| JINEN GALLERY (東京)

2020 「poem」| JINEN GALLERY (東京)

 

《主なグループ展》

2016 「SPACE_SPACE  gallery re:tail (東京)

     CUBE  TURNER GALLERY (東京)

2018 「アタミアートウィーク2018」  熱海市咲見町平屋 (静岡)