帝国ホテルプラザアートセレクション

買える!アートコレクター展
Collectors’ Collective vol.1

注目のアートコレクター3人が2019年にコレクションした作品と、2020年に購入したい美術作家たち。

2019年12月27日(金)〜2020年1月12日(日)  会期中無休
11:00〜19:00(最終日は17:00まで)

本展は、SNSでの発信やリアルな親睦会で作家やコレクターと積極的に関わりを持ち、アートマーケットに影響力を持ち続ける注目のコレクター3名によるコレクション展です。

通常のコレクター展と違うのは、「買える!展示会」であるということ。

コレクターのコレクション作品や嗜好性を披露するのみならず、実際に人気作家の新作を購入する機会を伴うコレクター展は非常に珍しい企画です。

 

本展の2つの特徴

1)3名が2019年にコレクションした所有作品を展示披露すること。

2)3名が2019年にコレクションした作品の作家と2020年に注目する作家、総勢15名がそれぞれ新作を描き下ろし展示販売することです。

コレクター3人で10点程度、人気作家15人が3点前後で、およそ55〜60点の作品が一堂に揃う展示会です。

 

なお、2020年7月・12月と既に継続開催が予定されています。

 

 

出展コレクター

HIRO(@sh_art_collector)

ストリート・アートをはじめ、平面作品から立体作品まで、幅広いジャンルの現代アートを蒐集。2019年のコレクション点数は約50点。作品に注がれる情熱が高く、直近では、アーティストとのコラボによる、ミューラル制作の計画も進行中である。国内アートコレクターの中でも注目すべきひとりである。

 

柵木頼人(@masegiyorito )

現代アートコレクター。ファッション関係の仕事を行いながら、現代アートコレクション活動を行う。コレクション歴は3〜4年。国内作家の平面作品を中心に蒐集し、2019年のコレクション点数は約15点。コレクション作品のバランスを重視し、直近では著名作家の大作をコレクション。本展では2名の学生作家を推薦するなど、若手作家への視野も広い。

 

Bur@rt編集長(@burart.jp)

アートWEBメディア「Bur@rtぶらっとアート」編集長。

国内の若手作家を中心に、絵画や版画、彫刻作品をコレクション。コレクション歴は3〜4年。2019年のコレクション点数は約40点。コレクションした作品は出来るだけ額装して所有している。メディアを運営しながらコレクター同士が親睦できるリアルでの場作りも行い、作家や関係者を巻き込みながら交流会を推進している。

*@〜はInstagramアカウント

 

 

参加アーティスト15名(五十音順)

越智俊介、橘川裕輔、小谷くるみ、佐藤絵莉香、佐藤誠高、菅原玄奨、田岡智美、谷口正造、冨安由真、中居ベル、水戸部七絵、安井鷹之介、やましたあつこ、山本捷平、ユアサエボシ

越智俊介|Shunsuke Ochi

橘川裕輔|Yusuke Kitsukawa

小谷くるみ|Kurumi Kotani

佐藤絵莉香|Erika Sato

佐藤誠高|Naritaka Satoh

菅原玄奨|Gensho Sugahara

田岡智美|Tomomi Taoka

谷口正造|Syozo Taniguchi

冨安由真|Yuma Tomiyasu

中居ベル|Bell Nakai

水戸部七絵|Nanae Mitobe

安井鷹之介|Takanosuke Yasui

やましたあつこ|Atsuko Yamashita

山本捷平|Shohei Yamamoto

ユアサエボシ|Ebosi Yuasa