野澤 梓|AZUSA NOZAWA 昨日のアウトライン

野澤 梓|AZUSA NOZAWA

昨日のアウトライン

June 7 – June 16, 2021

11:00am~7:00pm(Last day ~5:00pm)

この度、MEDEL GALLERY SHUでは6月7日から6月16日まで、野澤梓の個展「昨日のアウトライン」を開催致します。

野澤梓はステッカーボムと呼ばれるスッテカーを重ね貼りするストリート文化、また自身の幼少期に取材したシール帳づくりを絵画技法として変換・引用し、画面に隙間なく少女の像を描き込み、重ね合わせ、可愛らしい多彩さを提示しながらも何を訴えるようなオブセッショナルな、独特の視覚言語としての絵画を発表し続けてきました。
これまでの野澤の活動は、2000年代から台頭しつつあったアニメーション、マンガ、イラストレーションといったサブカルチャーとファインアートの交流といった日本独自のアートの潮流を読み取りながら巧みに作品に落とし込み、今日的な絵画の意味やあり方を模索してきましたが、今回は彼女の身の回りにおける小さな出来事、事件などに端を発した生活感覚ともいうべき、彼女自身のリアリティが作品の根底におかれ、彼女が日常的に目にする事柄を擬人化させるという、新しい局面が見られます。
現代の日本における絵画論的な取り組みを出発としながらも、今回のような、作家自身の体験に由来する、言わば《小さな物語》を作品のライトモチーフとして登場させるようになった野澤梓。それらをベースに作品を捉えるならば、その過剰とも言える緻密な描き込み、画面のなかで反復される擬人化としての少女のイメージは、どこか野澤自身の感じ取るオブセッションのアレゴリーであることを感じさせ、同時に予測不可能なシチュエーションに生き続ける私たちの日常につながっているような感覚を与えます。
新作ペインティング約20点の展示を通して語られる、拡張し続ける野澤梓の絵画世界を、是非ともお楽しみください。

MEDEL GALLERY SHU is pleased to announce a solo exhibition by Azusa Nozawa “The Outline from Yesterday” from June 7 to 16, 2021.

Azusa Nozawa, expresses her creation as a unique visual language. Which is obsessive and appealing while presenting cute variety of images by drawing and overlapping images of girls without gaps on the screen, based on the street culture of stickers called sticker bombs and making sticker books which she covered in her childhood.

In the past, Nozawa’s activities have been based on reading the unique Japanese art trends, such as the interaction between fine art and subcultures such as animation, manga, and illustration, which have been emerging since the 2000s, and she has skillfully incorporated them into her works to explore the meaning and ideal of painting today. This time, however, her works are based on her own reality, which can be called a sense of life originating from small events and incidents around her, and a new dimension is seen in her personification of things she sees in her daily life.

Azusa Nozawa, who started her career as a painterly theorist in contemporary Japan, has come to use “small stories” derived from her own experiences as a motif in her works. If we understand her works based on these stories, we can feel that her overly detailed drawings and the image of the girl as a personification repeated on the screen are somehow an allegory of Nozawa’s own sensed obsession. At the same time, it gives us a sense of being connected to our daily lives, which we continue to live in unpredictable situations.

We hope you will enjoy the world of Azusa Nozawa’s with 20 of her newest collection in this exhibition.

野澤梓|AZUSA NOZAWA

 

未成熟な少年少女をモチーフにし絵画作品を制作。自身が幼少期から続けている女児雑貨収集やステッカーボムを方法論に用いながら、独自のマテリアルを創造する。

プロフィール

1994 静岡県出身

2019 東京藝術大学絵画科油画専攻卒業

 

展示活動歴

2020

個展 「ふれてほとぼり」 MEDEL GALLERY SHU/東京

グループ展 「ほころびと残像」MEDEL GALLERY SHU/東京

グループ展 「199X9」 shuuue / 東京

 

2019

「199X8」shuuue / 東京

 

2018

個展「× と Ч の は く ち ゅ ~ む」hidarizingaro / 東京

 

2017

「199X7」shuuue / 東京

「まんなかぐらでーしょん」新宿眼科画廊 / 東京

「富士山展β」Awaji Café&gallery / 東京

 

2016

「COLLAPSE EVE」豊島区旧庁舎 / 東京

 

2015

「”KITAJIMA/KOSUKE”#12~果ての二十日の81~」カタ/コンベ / 東京

 

2014

「トランスエフュージョン3 後期」新宿眼科画廊/ 東京

 

2013

「ポリノミアル」新宿眼科画廊 / 東京

 

2012

「ART KYOTO 2012」Hotel Montery Kyoto / 京都

「Original Book Fair zip」ubeful gallery / 京都

「Artists Calender 2012」ubeful gallery / 京都

 

2011

「HERBEST展」hidarizingaro / 東京

「絵画甲子園展」ubeful gallery / 京都

「練習試合展」ubeful gallery / 京都

「YMC EXHIBITION 02 高校生SP」ubeful gallery / 京都

 

アートフェア

2020

アートタイペイ(MEDEL GALLERY SHUブース)