帝国ホテルプラザ開業35周年記念特別企画

福島美生虎舟 個展

生きるチカラ! 神のチカラ

2018年12月27日(木)〜 2019年1月14日(月・祝)

11:00〜19:00(最終日は17:00まで)

言葉で人と人が繋がっていくように、古代文字は神と魂で繋がるためにできた象形文字。

神の啓示を受け天命を与えられた「命」、大地の神から若い命が生れ出る瞬間の「生」・・・。

神が宿る文字は生きた墨線が命。

今回は新春らしく金箔、銀箔、キャンバスでのモダンアートで「生きるチカラ!神のチカラ」をテーマに、神のエネルギーを魂で書き上げました。

古代文字アートで神と繋がって頂ければ幸いです。

また、ヘップバーンのような凛として、強く美しく生きた大人の女性をイメージした「凛とした人」の水墨画のコーナーもご用意しています。

古代文字と水墨画をお楽しみください。

 

 

古代文字でチカラ強い「志」を書くワークショップ

日時:2018年1月11日(金)13時〜15時

料金:8,640円(税込、現金支払)

申込:03-6550-8111(11時〜19時)

 

2019年のあなたの「志」を古代文字で描きます。

また、お名前をデザインした印章(落款用)を石に彫り込む「篆刻(てんこく)」も。

どちらも作品としてお持ち帰りいただけます。

この機会に新年に相応しいチャレンジを!

福島美生虎舟

Fukushima Bisei Koshu

大阪芸大でグラフィックデザイン、アート全般を学ぶ。広告代理店のクリエイティブディレクターとして、最高賞である日本クリエイター・オブザイヤー特別賞など多数受賞。

その傍ら甲骨・金文の古代文字をこの道の先駆者である、亀甲会の加藤光峰先生に、楷行草書、かなを女流書家の矢萩春恵先生に師事。10年近く上野の森美術館での亀甲展に畳9畳大の大作を中心に発表しながら、古代文字のもつ象形文字の本質・意味を墨線の「命・魂」として深く追求してきた。個展も多数開催。都内で「虎舟塾」を主宰。島根県出身。