帝国ホテルプラザ開業35周年記念企画

現代日本のガラス展〜それぞれの彩〜

安部川 亜紀|和泉 香織|氣賀沢 雅人|具 静美|佐々木 みどり|熊谷 正行|角岡 磨|皆川 禎子

2018年10月2日(火)〜 10月14日(日)

11:00〜19:00(最終日は17:00まで)

 

現代日本を代表するガラス作家のグループ展。

一人ひとりがそれぞれの彩や輝きを放ちながら、煌めく空間を作り上げます。

作家それぞれの技法により、アートピースとして命を吹き込まれたガラスの、様々な可能性と奥深さを見出す機会。

モダンな作品もオーセンティックな作品もいずれも洗練された作風で思わず手にしてしまう愛おしさ。輝くひと時をお楽しみください。

安部川 亜紀

Aki Abekawa

1991 多摩美術大学デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業
1994 東京ガラス工芸研究所卒業

<制作技法の特徴>
吹いたガラス器にエナメル付け
エナメル絵付けとは、二千年程前にローマで始められた技法で、色ガラスの微細粉を溶き油で練ったものを絵の具とし、絵付け後、焼き付けをする技法です。
彷彿させる、思わず顔が緩む、見る人のイマジネーションを掻き立てたくて作品にシナリオを重ねています。

TOP

和泉 香織

Kaori Izumi

1970

香川県生まれ

1992

京都精華大学卒業(版画専攻)

1993

東京ガラス工芸研究所卒業

(株)松徳硝子の現場にて技術学ぶ

1997~2001

彩グラススタジオ スタッフ

2000

新島国際ガラスアートフェスティバル

ベストステューデント スカラーシップにより

2001

Pilchuck Glass School ワークショップ受講

(アメリカ・シアトル)

2003

赤坂・乾ギャラリー個展

東京・大丸ギャラリーてん 個展

2004

(財)札幌市芸術文化財団主催

「ビアマグランカイ5」 入選

足利ギャラリー(福島)個展

2005

京都市主催「京展」 入選

横浜・SPACEⅢギャラリー個展

2006

足利ギャラリー個展

2007

足利ギャラリー個展

2008

第48回東日本伝統工芸展 入選

2009

足利ギャラリー個展

2011

足利ギャラリー個展

2012

安木 ギャラリー個展(京都)

しろがねギャラリー個展(三鷹)

2013

しろがねギャラリー個展

足利ギャラリー個展

2014

第54回東日本伝統工芸展 入選

しろがねギャラリー個展

2015

第25回伝統工芸展  諸工芸部会展 入選

第62回伝統工芸展 入選

2016

第56回東日本伝統工芸展 入選

2018

第57回東日本伝統工芸展 入選

第26回伝統工芸諸工芸展 入選

第58回東日本伝統工芸展 入選

硝子工芸作家 氣賀澤雅人氏に師事

公益社団法人 日本工芸会 準会員

 

<制作技法の特徴>

宙吹き硝子・カット

硝子の中に閉じ込められた色の線が幾度も交わり、重なり、束ねる、様々な模様になるさま、また、カット・切子を施す事により、削られ磨き、光を織り込んでゆく輝きを表現できるよう制作しています。

TOP

氣賀澤 雅人

Masato Kigasawa

浄玻璃工芸社がらすびと工房代表

(公社)日本工芸会正会員・特待者・常任幹事会

東京ガラス工芸研究所研究科終了後講師として勤務

 

1988 日本伝統工芸展 奨励賞、以降連続入選

1994 伝統工芸新作展 鑑査委員、

以降日本伝統工芸展など鑑審査員歴任

2005 浄玻璃工芸社がらすびと工房設立

2013 日本伝統工芸展出品作品が宮内庁お買い上げとなる     (以降2作品)

2015 日本伝統工芸展 奨励賞

<制作技法の特徴>

カットグラス

伝統工芸、江戸切子・薩摩切子をベースとした技法。

切子のキラキラとした光の反射や映り込み、削って鏡面まで研磨した面に覗き見るガラスの中の不思議な世界に魅力を感じ模索制作しています。

TOP

熊谷 正行

Masayuki Kumagai

1967 宮城県仙台市生まれ

1998 東京ガラス工芸研究所 卒業

2006 (有)グラスルーツ設立

 

≪受賞歴≫

2000 ビアマグランカイ3 佳作入賞

2012 テーブルウェアー・フェスティバル2012オリジナルデザイン部門 優秀賞

 

<制作技法の特徴>

宙吹き技法

熔けたガラスを吹き竿に巻き取り、手作業で仕上げる宙吹き技法にて制作しています。

TOP

具 静美

Jung Mi Koo

2001 ハワイ大学マノア校芸術学部卒業 芸術学士号取得 (陶芸専攻)

2002 ハワイ大学マノア校芸術学部研究科修了(ガラス専攻)

<制作技法の特徴>

吹きガラス、キルンワーク

吹きガラスは坩堝内で熔解しているガラスを鉄のパイプに巻き付け、鉄製の道具で成型する技法です。

キルンワークはパウダーや粒状のガラスを石膏などの型に詰めて焼成後、加工を施す技法です。

作品制作時、私はコンセプトではなく、プロセスに重きを置いています。ガラスに向き合い、対話を通して創造の方向性を決めています。

TOP

佐々木 みどり

Midori Sasaki

1995 東北生活文化大学生活美術学科卒業

1996 ㈱石井グラススタジオにて、ガラス作家(故)石井康治氏の指導を受ける

1997~2000  山谷硝子工業㈱に勤務

2001~ 退社後フリーで制作活動を開始。

2002 新島ガラスセンター第15回ワークショップでイタリアの技法を学ぶ。

2007   仙台ギャラリー・宙で初個展

同年河北工芸展入選

現在   都内、仙台の百貨店にて作品を発表している

 

<制作技法の特徴>

モザイクガラス技法

色模様が入ったガラス棒を制作し、それをスライスをしたモザイク片を並べ、もう一度溶着させてから成型して器を作るというイタリアで生まれた「モザイクガラス」の技法を使い、日本らしさを感じられる模様や色で作品を制作している。

TOP

角岡 磨

Osamu Tsunooka

1969 ブラジル・サンパウロ生まれ

1996 沖縄琉球ガラスにて吹きガラスを始める

1998 東京ガラス工芸研究所卒業

2000 ビアマグランカイ3入選

2002 日本クラフト展入選

2004 伊丹国際クラフト展入選

2005 有限会社グラスルーツ設立

2007 「吹きガラス2人展」(新宿京王百貨店美術工芸サロン)、

以降毎年

2010 ビアマグランカイ8入選

 

<制作技法の特徴>

宙吹き技法

吹きガラスの中でも「宙吹き」という技法で制作しています

型は使わず、重力や遠心力などを利用し、自然の摂理によって出来上がる造形が魅力です

TOP

皆川 禎子

Yoshiko Minagwa

1995 船越美智代氏に師事

1996 制作活動を始める

現在  朝日カルチャーセンター横浜 講師

個展・グループ展 多数

<制作技法の特徴>

バーナーワーク(Lampwork|Flamewaork)

ガラスの棒や管をバーナーの炎で溶かし、成形。

ガラス棒・ガラス管をバーナーの炎で溶かし、細工して成形して行く技法です。 この技法では、使用するガラスの種類や道具により、とんぼ玉(ビーズ)から理化学実験器具等まで、作られるものに幅があります。

海外では「 Lamp work」「Flame work」とも呼ばれています。

古代から続く「細工物」等に適した技法。

TOP